フィリピンの庶民の足。乗り物を紹介。

タクシー

様々なタクシーが走っているので、日本同様、道で手を上げれば止まってくれる。また、学校では、警備員に頼んで電話や無線でタクシーを呼んでもらうこともできる。留学生の方にはもっとも便利な乗り物。

セブでは、ほとんどのタクシーがメーターを倒してくれるが、空港から乗車した場合はメーターではなく交渉制であることがほとんど。また、観光地などから乗車するときも、メーターを倒さない運転手もいるので、メーターを使ってもらうように交渉しよう。

 s-imgp50531.jpg

ジプニー

セブ島で庶民の1番の足と言っても良いくらい、多くの人達が毎日利用している。走行ルートは決まっているが、特に時間のスケジュールはなく、自分が乗りたい行き先のジプニーが来たら、乗るという仕組み。たくさんの人がギュウギュウ詰めになって乗ることもあるので、大きなお金や貴重品を持っているとき、慣れないうちや知らない場所へ行くときなどは利用を避けるのが無難。

行き先は各ジプニー車輌の側面などに書いてあり、乗客はその行き先を確認してから乗り込む。モールの前や交通量が激しい場所では専用の乗り場もあるが、道の途中でタクシーのように手を上げて、止めて乗り込む事もある。降りる時は、「ルガール」(止まってという意味)と言って、運転手に伝えると道の端にとめてくれる。

s-imgp50581.jpg

トライシクル

セブ島で第2の庶民の足。オートバイの隣に箱状の座席がついている三輪車。乗る時に行き先を伝えれば、その場で降ろしてくれる。大きな通りなど、通行できない場所もある。

トライシカド

近場に用がある時、利用すると便利なのが、シカド。トライシクルと同じような乗り物で、オートバイの部分が、自転車になっている。(つまりエンジンではなく、人力で動きます) 乗る時に行き先を伝えれば、その場で降ろしてくれる。トライシクル同様、通行できない道(大通りなど)もある。

s-dscn1691.jpg

By セブ大好き