フィリピンの美称:「東洋の真珠」

みなさん、こんにちは。
みなさんはフィリピンの美称をご存じですか?
美称とは、なにかを褒めるときに使う別名のことです♪

フィリピンの美称は「東洋の真珠」です。
★英語表記:The Pearl of the Orient Seas

このような素敵な名前の由来としては、
海に囲まれた地理的背景や、天然資源が豊富であるという経済的背景があるそうです。
実際に、地域によっては真珠の養殖も行っており、現地では本物の真珠がリーズナブルに購入することも出来ます!!!
それだけではなく、素敵な観光地や、ダイバーに人気の綺麗な海もたくさんあるので、真珠のような綺麗な場所であることからも、、、「東洋の真珠」 納得がいきますね。

ちなみに、日本は「日出ずる国」(ひいずるくに)として知られています。
★英語表記: Land of the Rising Sun

つまり、日の出の国ということです!
アジアの中では、日本が最も東に位置しているため、東から西に沈む太陽の日の出を最初に見られるということからこのような名前が付いたそうです。
日本の国旗は日の丸であることからも太陽は日本の象徴として知られておりますし、太陽が昇るように急成長した経済は世界的にも有名です。

フィリピンの中でもそれぞれの島にも美称が付けられており、セブ島は「南の女王都市」と呼ばれております。
★英語表記:Queen City of the South

女王と呼ばれる由来としては、
経済的にいうと、セブがフィリピン2番目の大都市ですので、フィリピンで1番の大都市であるマニラを王様とすれば、セブは女王といった考え方があります。
また、海を初め、山や滝などたくさんの自然、有名な教会や歴史的な建造物が見られる美しいセブの景色からも「南の女王都市」と呼ばれています。

美称や背景などを調べることで、私のなかのフィリピン・セブが一つ深まったような錯覚をしております。
上記で述べたような美称を持つ国や地域はたくさんありますので、興味のある方は調べてみて下さいね!

それでは、また♪