セブでの必須アイテム!小銭入れ

本日はセブ留学中のお役立ちアイテムのひとつとして、小銭入れ(コインケース)について紹介させていただきます。
セブで小銭入れが活躍する理由は…

①物価が安い→ 最も少額な紙幣は20ペソ札ですが、例えば菓子パンはひとつ5~8ペソで購入できます。
②レジで小銭の支払いを求められるため→ 日本では、小銭を探すのが面倒でお札をパッと出してしまう方も多いと思いますが、フィリピンの商店ではお釣りが十分にないために「コイン持ってませんか?」と確認されることがしばしば。
さらに小さなお店では、500ペソ札や1000ペソ札など高額紙幣での支払いは、お釣りがないといって受け付けてくれないこともあります。
③乗り物に乗るときに小銭がとても重要→ セブの乗り物は日本と比べると大変安価ですが、タクシーに乗ってもお釣りを持っていないと言われることがあります。そんな時はこちらが損をしてしまいます。それを防ぐためにも、、、常に小銭など細かいお金を持ち歩きましょう。

また、フィリピンの紙幣はとても柔らかいので、折りたたんで小銭入れに入れる事も可能です。


写真下部にあるような、落下、ひったくり防止のコードがあると安心ですね!

フィリピンでも小銭入れや小さなポーチを購入することが出来ますが、ものによってはファスナーが壊れやすかったりすることがあるので、日本から持参したほうが良いかもしれません。

また、お財布は使い慣れたものが一番ですが、ブランド物などの立派なお財布を持ち歩くのは防犯上リスキーです。加えて、フィリピンの紙幣は汚れがひどいものも多いので、正直、お財布が傷みやすいです…。

小銭入れ、または100円均一で売っているような小さなポーチでもあると大活躍すると思います。持ち物準備の際にはぜひ考えてみてください!