セブ・マレーシアで日本の電化製品は使えるか?

こんにちは。
留学準備中、変圧器は必要なのか?心配になる方もいらっしゃると思います。
まず、日本とフィリピン/マレーシアは電圧が違います。

フィリピンの電圧:220V
マレーシアの電圧:220V
日本の電圧:100V

フィリピン/マレーシアは日本より電圧が高いので、日本国内向けの製品をそのまま現地のコンセントにつないでしまうと、、、
  ● つないだ瞬間に電気製品がショートしてしまう
  ● 使用中などにコンセントから発火する
など、製品の故障や火事の原因になります。

限られた重量の中でせっかく日本から持って行った電化製品を壊してしまうなんて、とても残念ですよね。
また実際に留学生の方が学校の寮で日本の電気製品を使って壁を焦がしてしまい、弁償となった例もあります…!
そこで渡航前に必ずチェックしてほしいのは、、、
日本の電化製品の本体、または充電器や説明書に書かれているINPUT(定格入力・入力電圧)規格を見てください

210
スマホ充電機

220
パソコン充電器

INPUTを見て、上記のように電圧が海外対応になっている(100~240Vなど、220Vをカバーしている)なら変圧器は必要ありません。
持っていく電化製品がスマートフォンやノートPCやタブレット、デジカメ等で、すべて海外対応ならば、変圧器は不要なのです。

230
携帯充電機(国内専用)
一方、こちらのように、日本国内専用(100Vとしか書いていない)の製品の場合は、変圧器を用意するか、海外の電圧に対応した製品を購入する必要があります。

ちなみに、ドライヤーやシェーバーなどは海外の電圧に対応していないものが多く、また変圧器を使用する場合も容量の大きな変圧器(大きくて値段も高い)を使わなければなりません。
そのため現地で現地の電圧に対応したドライヤー(シンプルなもので2000円弱位から)を購入する方もいらっしゃいます。

また、最近はAmazon等のネットショップなら国内海外両用(100~240V)のドライヤーが2千円くらいから買えますので、海外によく行く方などは1つそういったものを持っておいても良いかもしれません。


こちらの製品は日本で購入したドライヤー。赤丸で示しているようにフィリピン/マレーシアの電圧(220V)にも対応しています。

また、変換プラグについては、セブの英語学校のコンセントは日本と同じ形状をしているので、持って行く必要はありません。

マレーシアの場合は、コンセントのプラグの形がBF型(下記写真の三つ又のコンセント)ですので、変換プラグが必要です。(ただし、SkyEduへ留学される方には、留学ウェブダイレクトの現地スタッフが変換プラグの無料レンタルをご用意しています)

200
フィリピン 日本と同じ形ですね。

タコ足
マレーシア※蛸足コードにささっているのが、BF変換プラグ、その隣がBFコンセントの形です。

日本から電化製品を持参される予定の方は気をつけてくださいね!