フィリピン料理 「Golden Cowrie(ゴールデンカウリ)」

JYスクエアとアヤラセンターの中間くらいにある、フィリピン料理のお店。便利な大通り(Salinas Drive)沿いにあり、テラス席と屋内席があって、南国の雰囲気が漂うレストランです。店内はかなり広いのに、週末は行列ができるほど大人気。一般的なフィリピン料理が、手頃な値段(1人200~300ペソ前後/約400~600円)で食べられて、平均的に味もよい印象があります。

このレストランでは、テーブルの上にお皿がわりのバナナの葉っぱが1枚敷いてあり、そこにライスやおかずを好きに載せて食べるスタイルがなんともネイティブな雰囲気でいい感じです。普通のライスは28ペソ(約56円)で、なんとお代わり自由!現地のお米ですが、炊きたてのご飯を「お代わり担当ウエイトレス」(”ライスガール”と勝手に呼んでいる)がおひつを持って配ってくれるおもしろいサービスは、日本から来た方にぜひ味わって欲しいです。ちなみに、普通のライスより食べやすいガーリックライス30ペソ(約60円)は1杯限りです。

s-imgp6032.jpg s-imgp6030.jpg
写真左:黄色い果物(に見えますが、実は貝だそうです)の看板が目印。ここサリナスドライブ沿い店のほか、SM(シューマート)の地下にもお店があります。
写真右:若干暗く感じる屋内席よりも、開放感のあるテラス席がおススメ。ただ、大通りに面しているので、空気が気になる人は店内席を希望してみましょう。(もちろん、席が選べないほど混んでいることもしばしばあります。)

s-imgp5995.jpg s-imgp5999-1.jpg
写真左:Fried Tuna Finger 145ペソ(約290円)。隣席の欧米人が1人で食べていたのを見て注文しましたが、量が多いので普通に全部1人で食べたらマグロ臭くて気持ち悪くなると思います・・・。味は悪くないので、3人以上でビールのつまみに注文するのがお勧め!
写真右:Chicken Pandan。パンダンリーフという葉っぱでチキンを包んでカリッと焼いたもの。ちょっと味は濃い目ですが、香ばしくて熱々がおいしい。

s-imgp5987-1.jpg s-imgp6014.jpg
写真左:フィリピンの味噌汁的存在、すっぱい「シニガン・スープ」98ペソ(約196円)。写真は海老のシニガンで、トマトやハーブが入っていて、海老の旨みと酸味が絶妙で美味です。見た目は赤いですが、まったく辛くはありません。
写真右:日本のコンビニ「ミニストップ」のデザートで有名になったフィリピンの”ごちゃまぜ”カキ氷デザート、「Halo Halo(ハロハロ)」。カキ氷、ウベ(紫芋)アイス、寒天、フルーツなどが入っていて、かき混ぜて食べます。このレストランのハロハロは、大きすぎず、なんとか1人でも食べきれるサイズでしたが、1人分の量が異様に多いお店も結構あるので、2人~でシェアした方が無難かも。

By サラ

連絡先: Tel:(032)-233-4670

※参考価格:プレーンライス(お代わり自由)28ペソ(約56円)、一品料理50~80ペソ前後(約100~160円前後)、スープ類100ペソ前後(約200円前後)