台風30号後 セブシティの様子

日本でも連日報道が続いている台風30号(国際名Haiyan)についてですが、

レイテ島を中心に大きな被害を受け、現在も各国からの支援が続いています。

 

「セブ島近郊の島レイテ島」などと報じられていることもあるようですが、地理的には大きく離れており、

幸いセブ市内での被害はほとんどありませんでした。

そのため、街では復興支援のチャリティー活動が各地で行われています。

 

決して所得水準が高くはないフィリピンですが、現地の方もいち早い復興を願い

自分たちに出来ることをとたくさんの支援が集まっています。

IMGP3901

台風30号(フィリピン名Yolanda)の被災地への支援物資受付のお知らせ@ロビンソンデパート

 

IMGP3903

IMGP3905

被災地への支援物資受付エリア@フェンテオスメニア前

 

ayala1

飲料水・インスタントラーメン・缶詰等の支援物資受付@アヤラショッピングモールの食料品売り場

 

このようにセブシティでは被害にあわれた地域の復旧支援をしています。

現地の方は普段通りの生活をしているので、安心してセブに来て頂ければと思います。

 

ただ、復興にはまだ多くの支援が必要とされているようですので、私も自分にできることをしていきたいですし、日本からも支援ができる方法はいくつかあるようですので、多くの方にもご協力頂ければと思います。